メニュー

一生に一度の買い物

指輪

新婦の意見が大切

結婚することが決まったカップルにとって、新郎となる人が新婦に渡しておきたいのが婚約指輪になります。場合によっては、男性が結婚を申込する時に婚約指輪を女性に渡してプロポーズすることもありますが、結婚が決まってから婚約指輪を購入する場合は、できるだけ新婦となる人の意見を尊重した上で購入しましょう。昔から婚約指輪は男性のお給料の三カ月分と言われています。これは昔も今も同じように言われていますが、実際に婚約指輪を販売しているお店に行き確認するとわかりますが、値段はピンからきりまで存在しているのが現状です。新婦となる方が値段にこだわらない人であれば、男女間で話し合いをして二人揃って婚約指輪を購入しにいけば良いです。付けるのは女性ですから、できるだけ女性の意見を尊重し、デザイン等を選んだ方が良いです。男性としては、男のプライドもありますから、基本的にはお給料の三カ月分ぐらいのお金は用意しておきましょう。その上で二人で指輪を探しにいくつかのお店を訪れて、上限お給料の三カ月分で検討します。愛し合って結婚する二人にとっては、値段というよりは内容です。ですから、男性の場合、プライドはあるかもしれませんが、それほど値段にこだわらずに選んでいきましょう。人生で一度の婚約指輪は既製品を購入するのも良いですが、オリジナルでお店に作ってもらうこともできます。オリジナルの方が世界に一つだけの指輪となるため、嬉しさも違うでしょう。